米原市 O様

米原市 O様

前略、大喜工務店さんで新築された方が、このような手紙を出される訳を、この棟上を経て実感しました。
施主として感謝の気持ちを文字として残したい、また、それが大喜工務店さんのエネルギーになっているのであれば、
なお更の事だと思い、年の瀬も押し詰まりましたが、筆をとりました。


私の家探しは、約一年半前のマンション見学からスタートしました。
「いつでも売れるからいいじゃない?」「駅から近いしね」なんて軽い気持ちでした。
しかし、私の生活スタイルでは無く、ローコストの建売一戸建てなら同価格帯で買えそうな事もあって、土地探し、工務店探しに明け暮れました。


そのうち、「無垢の家」に憧れ長野県等遠方まで足をのばしました。きっと私以外にも「無垢の家作り」を探す人の苦労は半端ではないはずです。
また、不動産業のいやらしい部分も見ましたし、各社を比較するにも間取りを決め見積を作り上げていきますから時間がかかりました。
それでも全体の価格は見えてこないので、見れば見るほど、知れば知る程混乱していくばかりでした。


そんな中、年初にホームページで知った大喜工務店さんから頂いた資料を見返しました。
資料には、ひたすら「構造に自信がある」「使っている材料が違う」と言った事が書かれ「××工法」「高級設備」「低価格」といった事が前面に出されている他の工務店さんとは明らかに違いました。
ばっちり乾燥された大木の横で誇らしげに写る社長の写真が印象的でした。
ただそれまでは、坪単価が高そうでしたので検討すらしていませんでした。


しかし、これまで「強い家を建てる」という重要な要素を忘れていたこともあり、踏ん切りをつけるためにも大喜工務店さんを訪ねました。
社長は、芸能人に例えると”松方弘樹さん”のような感じです。
いつもは気さくに話していますが、構造の話になると一気に真剣な表情に変わります。
私どもが出した間取り図面を見て一言、「ひ弱。ダメ」。一から作り上げることになりました。
パソコンの3D画面でイメージを確認していき、構造も合わせて確認できましたので決まるのは早かったです。


社長のご家族もすばらしく、娘が「猫と犬がいるおばちゃんの所へは、何回寝たら行くの?」とせっつくぐらい皆様に可愛がって頂き、
長丁場になる打合せにも手を焼くことがありませんでした。
長男、次男さんもしっかりされていて、工務店さんの将来に心配が無く、安心してお任せ出来そうです。


実際大喜工務店さんの見積価格は、他の工務店さんと相違なく、見積はシンプルで、構造上の強さのお墨付きあるので安心感は何倍も違い、「値打ちがある」と思いました。

土地が広い事もあり急遽平屋に変更しお騒がせしましたが、なんとか今秋に棟上の日を迎える事ができました。
お陰様で強固な地盤にも恵まれ、基礎も頑丈にして頂きました。棟上は天候を案じ十三名もの職人さんが集まり着々と作業が進んで行きました。
下準備は済んであり話さずとも太い柱、梁が組み合わさっていきます。
まさに私の職場が目指している「作業改善」のお手本のような現場を見る事が出来ました。
レッカーの方も、作業の流れを見て手伝いをされる等、今まで抱いていた職人さんの「金髪」「携帯」「どこでもタバコ」「ぶかぶかズボン」
といった嫌なイメージとは違い評判どおりの良い職人さんが集まっていました。


総じて大喜工務店さんを語るなら「質実剛健」の一言に尽きます。太い柱や梁を見るとその凄さが肌へと伝わり安心感へと変わります。
ただ、「材料だけが凄い」、「社長の思いや仕様書が凄い」だけではなく、 「仕様どおりに組立てていく大工さん」、
「良い物を一番にと提供される業者さん」があって立派な家ができるのだと棟上を見て感じました。


八寸の大黒柱というシンボルを見て、自分自身もこのようにしっかりしなければならないと気が締まりました。
皆様のお陰で建築中の家も年を越すことが出来そうです。
伊吹の麓と言うこともあり益々気候が厳しくなりますが、安全第一、健康第一で 引き続きよろしくお願いいたします。